寿

​矢田 雅美 師範

1980年(昭和55年)

当時32歳であった矢田雅美師範が、恵比寿空手道会を設立。

​写真:創立20周年記念 式典

 

  • 人との社会で大切な礼儀や挨拶をしっかりと身につけ、お互いを思いやり、尊ぶ心、助け合う心を養います。

  • 厳しい稽古のなかで、負けない諦めない、強い精神力をつくります。

1/1

恵比寿空手道会では、

年齢でのクラス分けをせずに、幼児から大人まで

一緒に稽古をしています。】

子供たちに、空手道を通じて、大人や年上の人から、様々なことを学んで欲しいから。

 

高学年の子には、​小さな子の面倒を見たり、手本となる行動や、リーダー性を養って欲しいから。

そして、大人の方には、「子供には負けない!」という、いつまでも若々しい気持ちを持ち続けて欲しいから。

​※曜日により、級でのクラス分けもあります。詳しくは稽古日と場所

昇級昇段審査(年3回)、区大会(年2回 春・秋)、都大会(年1回)、

東京都シニア大会、道場内大会、夏合宿、演武披露(地域のお祭り)、

納会 などなど